ワインビギナーの方から、拘り派の方まで、心を込めてご案内します
20,000円以上お買い上げで送料・チルド料金無料

【フランス新酒予約受付終了、完売】ボージョレ・ヌーヴォー2019年【ルー・デュモン】

◎申し訳ございません。2019年のボージョレ・ヌーヴォーはご予約で完売致しました。ありがとうございました。
また、来年、よろしくお願いいたします。


早期申込の割引価格です。写真は参考写真です。(2018年のヌーボーです)

生産者 : ルー・デュモン(仲田晃司さん)

地 域 : フランス > ブルゴーニュ > ボージョレ

品 種 : ガメイ100%


インポーターHPより仲田晃司さんのご紹介


 大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立しました。
 仲田さんのワイン造りを特徴付けているのは、まさしく日本人職人的と言うべき、周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念です。仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。
 2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」が生まれました。
 「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田さん。現在ルー・デュモンのワインは、日本、韓国、台湾、中国、シンガポールといったアジア諸国を中心に販売されています。
 2008年8月、ジュヴレ・シャンベルタン村に念願の自社カーヴを取得しました。

 なお、「Bourgogne Blanc Cuvée Famille」および「Gevrey-Chambertin Cuvée Nature」のラベルを手がけたのは、版画家・宮崎敬介氏(三鷹の森ジブリ美術館の展示物「びっくり劇場」のペン画や、同館オリジナルポストカード制作)です。


********************
仲田晃司さんから3通のお便り頂きました。(原文まま)

3通目のお便りです。 (9月27日)


 8月に続いて、9月も素晴らしい天候になりました。

おかげでカビも病気もなくぶどうはすくすくと育ち、雹が降った区画も乾燥して、傷んだ房は自然に地面に落ちました。

 完熟して種まで茶色になった9月19日、快晴の中摘み取りを行いました。手摘み収穫時、運搬前、発酵前の3回の選果を例年にも増して徹底し、雹が当たったと思われる果実はすべて取り除きました。

 そのかいもあり、潜在アルコール度数が12.5度を超す素晴らしいミレジムになりました。中には13度を超えた区画もありました。

 現在は発酵が終わりかけの段階で、9月30日にプレスをする予定です。

 現時点でとても複雑な味わいを見せており、さらにこれから約15日間の樽熟成を行いますので、相当満足のゆく味わいになるのではないかと期待しております。

 時間との勝負ですが、最後まで焦らずじっくりと仕込んでいきたいと思います。

 ご注文をくださいましたすべてのお客様に、心よりお礼申し上げます。



2019年9月27日

メゾン・ルー・デュモン

仲田晃司




**************************
2通目のお便りです。 (9月1日)


 春から7月まで乾燥した気候が続いていましたが、8月は適度な雨に恵まれました。
病害もなく、ぶどうは健康に育ちました。

8月18日の16:00頃、南ボージョレ全域に雹が降りました。

私たちが契約しているほとんどの区画は被害を免れましたが、一部の区画は70%の収量減となりました。
10区画に分散して契約していることが幸いして、生産可能本数には大きな影響はございません。

ただ、念には念を入れて、今年は例年以上に選果を徹底いたします。

以降は今日まで、30度を超える好天が続いております。
収穫は当初9月末を予定しておりましたが、9月20日頃には凝縮した完熟ぶどうを収穫できそうです。
収穫が早まった分、樽熟成の期間を長くとることができますので、私としてもワクワクしております。

果実味が凝縮した、濃厚な味わいになることが期待されております。

収獲が完了し醸造が一段落しましたら、またご報告申し上げます。


2019年9月1日

メゾン・ルー・デュモン

仲田晃司


*****************************

1通目のお便りです。 (7月7日)


 1月〜3月を通して氷点下になった日は1日もなく、とても温暖な冬となりました。
4月になり例年の気温に戻りましたが、降雨が少し見られました。
5月は雷雨が多く、気温も例年以下の涼しさとなりました。
6月も前半は例年通りでしたが、6月16日から気温が一気に上昇して30度を超え、6月27日に至っては38度(体感45度!)を記録しました。

今日7月7日の時点でも、30度を超える暑さが続いています。
時折雨は降りましたが基本的には乾燥した年と言えます。

5月が涼しかったため、開花は例年より遅れて6月10日頃にはじまりましたが、開花時の雨や昼夜の温度差によって、今年もクリュール(花ぶるい)が多く発生し、大部分のぶどうがミルランダージュとなりました。

私の契約畑がある南ボージョレでは、幸いにも霜や雹の害は本日まで発生しておりません。
また、高台の斜面畑のため風が強く水捌けも良いため、ミルデューなどの病気も皆無で、ぶどうはすくすくと育っております。

6月末から今日まで素晴らしい天候が続き、畑は最高の状態です。

今後の天候次第ではありますが、皮の厚い、最高度に凝縮したぶどうの収穫を期待しております。

最も重要な収穫直前3週間の天候が良好であれば、間違いなく近年で最高のヴィンテージになります。

8月の平均気温が25度程度におさまり雨が降らなければ、2005年、2015年、2018年を凌ぐ可能性もあります。


開花日から計算した収穫開始予定日は9月中旬ですが、私は9月末まで、ぶどうの完熟を待つつもりです。

「ガメイは、完熟が命」ですので。


2019年7月7日

メゾン・ルー・デュモン

仲田晃司


*******************************

楽しみですね!今から待ち遠しいです。

 こちらの商品の発売は、解禁日(今年は11月21日)からとなりますが、当日着配達をご希望の方(九州、沖縄、四国、北海道、各島は除く)は、備考欄にその旨、ご記入ください。できる限りご対応させて頂きます。ご記入ない場合は、21日から順次の発送となります。九州、沖縄、四国、北海道、各島のお客様は、一番早い着日が22日となります。ご了承くださいませ。
定価 3,500円(税込3,850円)
販売価格 3,150円(税込3,465円)
在庫数 0
SOLD OUT

今月のお薦め
「おまけプライスの1本!」

サンテミリオン2010年
【シャトー・ラプラーニュ】    (今月の特別価格)

2,500円   (税込2,750円)


今、飲み頃のボルドー
スパイシーさが混じる成熟した黒果実のアロマをお楽しみください。

CATEGORY

国から選ぶ

GROUP