ワインビギナーの方から、拘り派の方まで、心を込めてご案内します
会員の方はメンバープライスにてご購入頂けます

生産者紹介ページ

「美味しい畑はカタツムリが知ってるよ!」 〜ドメーヌ・マルク・テンペ〜

マルク・テンペ
生 産 者 マルク・テンペ
地 域 フランス > アルザス地方

 本拠地は、アルザス南部の中心、コルマールから7kmほど進んだ南西向きのツェレンベルグ村。
アルザスは南仏のペルピニャンの次に降雨量が少なく、乾燥した地域。
南向きの夏の畑は「目玉焼きが焼ける」ほど暑いため、ブドウにもしっかりと糖度がのります。
標高は225 〜260m、粘土石灰土壌をベースに、ヴォージュ山脈の花崗岩や黄色みを帯びた石灰の混じる多様な土壌は、
さまざまなブドウ品種に適合し、ミネラルたっぷりなふくよかな味わいを生み出しているのです。

 初夏、なんともいえない深い土の香りが漂うマルクの畑。雑草も元気に生い茂り、
ブドウの樹の根元には直径1cm弱のミミズの穴がポコポコ。そう彼の畑はビオディナミ。
総面積8haの畑で、93年からビオロジック、96年からビオディナミに取り組む彼は、
化学肥料や農薬をいっさい使わず、芽かきによる収量制限や夏季剪定も行ないません。
ブドウの樹が自分の力でうまいこと育っていくのを助ける以外は何もしない。というのが彼の主義。
見れば樹には太ったエスカルゴ(かたつむり)も。
除草剤や化学肥料を使った近くの畑と比べて生き物の数は雲泥の差です。

 「テントウムシが生きたまま出てこられるくらい、優しいプレスなんだよ」と言うマルクのプレス。
太陽の光を一杯に浴び糖度が充分にのったブドウは9月に選果しつつ手摘み収穫。
房、茎をつけたまま優しく5 〜 6時間かけてプレス。
地つきの天然酵母で仕込むマルクのワインからは明るく前向きな温かさを感じます。
 その後アルザスの伝統的な大樽フードルと古樽の中、シュールリー(澱の上)で2年間の熟成させる為、
一般的アルザスワインに比べ新ヴィンテージのリリースが遅いのが特徴です。


****************       
2016年4月に行われたインポーター(ディオニー株式会社)15周年記念イベントで、来日中のテンペ氏に突撃取材をしました。造り手たちがどのようにワイン造りに向き合っているのか、ディオニー社のテーマでもあった「絶え間ない進化」そして「感動」に焦点を当てて伺っています。

ー あなたのワインの歴史のなかでの進化とワインで表現したいものは、何ですか? 

 37歳でヴィニロンを始めました。それまで、I.N.A.O.(国立原産地名称研究所)で勤務していましたから、その仕事のお陰で、たくさんの造り手との出会いがありましたね。
 そこでの知識や経験、出会いを経てからのヴィニロンの歴史です。迷いもなく、ブドウの栽培は、最初からビオディナミ農法を取り入れました。私自身のヴィニロン人生の一番の進歩は、ビオディナミへの理解が深まったことでしょう。ワインに求めるのは、ミネラル感と繊細さです。醸造のテクニックでは、樽での長期熟成の方法が自分のなかでの変革です。澱を残したまま長期熟成させることで、複雑味と旨味、深みが増しました。熟成に関しては、もっと研究して進化させますよ。

 

ー ワインを造るうえで一番、歓びに感じていることは何ですか?

 ヴィニロンの仕事は素晴らしい仕事だと誇りに思っています。なぜなら、自然との触れ合いがとても強い。そして、ワインを通して、その感動と情熱を世界の皆さんに届けられる。そういう感動のコミュニケーションが自分にとって何よりも嬉しいことです。



ー 日本のワインラヴァーの皆さんへメッセージをお願いします。

 私と日本の皆さんとの関係は、とても長いです。私は日本という国、そして皆さんへの愛情に溢れています。 日本は自然災害が多い国です。ですから、くれぐれもお気をつけて、これからも末永くワインを楽しんでください。 

     
***************       
       
今やアルザスビオディナミの第一人者と言っても過言ではないマルク・テンペさん。
Shopgirl NY152でお取り扱いしているマルク・テンペの全商品はこちらをご覧ください。
 

CATEGORY

国から選ぶ

GROUP