ワインビギナーの方から、拘り派の方まで、心を込めてご案内します
会員の方はメンバープライスにてご購入頂けます

【ミディアム辛口の赤】シュペートブルグンダー・ドッペルシュテュック2014年/JAL国際線ビジネスクラス【フリードリヒ・ベッカー】 

※こちらのワインは、先に会員登録をして頂きますと、メンバープライスで購入して頂けます。詳しくは、メンバー登録についての頁をご覧ください。



生産者 : フリードリヒ・ベッカー

地 域 : ドイツ > ファルツ地方

品 種 : シュペートブルグンダー(=ピノ・ノワール**)100%


 戦後、ドイツがまだ甘口ワイン用ブドウばかりを栽培していた「質より量」の時代、ファルツの一大協同組合の跡取りだったフリードリヒ・ベッカー氏は、フランスから続くその恵まれた土壌とピノ・ノワールに魅入られ、協同組合を脱退、1973年に独立。当初、貴腐ワイン用のブドウばかり栽培していた周囲から「酸っぱくてまずいブドウ」のレッテルを張られ(この時の逸話を童話「キツネとぶどう」に重ねて個性的なエチケットが誕生した)、激しい非難を浴びながらも、不断の努力とセンスにより、ドイツのピノ・ノワールのトップに上り詰めました。そしてゴーミヨ誌にて前人未到の最優秀赤ワイン賞を8回受賞、世界に名だたる生産者となったのです。
 『ドイツのDRC』と讃えられるようになって久しいフリードリヒ・ベッカー醸造所。フランス・ブルゴーニュよりさらに北で冷涼な南ファルツのシュヴァイゲン村。この地域ではピノ・ノワールの収穫はブルゴーニュより1ヶ月ほど遅いので、より土壌のミネラルを吸収し、しっかりと熟したブドウからワインを造ります。
 ゆえに甘みを感じるほどリッチな果実感と、冷涼産地ならではの酸味とミネラル、そしてエレガントな味わいが特徴。熟成に使用する樽には自己所有の森のオークも使用されています。このワインは2400Lの大樽熟成。JAL国際線ビジネスクラスにリストアップされた特別キュヴェ。
 今もなお、進化を続けているベッカー氏の赤ワイン。ランクも豊富でいまではなんと14!もあります。


 ※店主の一言メモ
 よく、巷のオジイサマ位の年代の方から
 「ドイツのワインてさあ、甘いよね。辛口って言ってるのにさあ。白砂糖でも入れてるんじゃないの?」
というご意見を頂戴しますが、上記の理由により、“甘みを感じるほどリッチな果実感”なので、白砂糖を入れている訳ではございません。また、補糖に使用しているのは白砂糖ではございません。

 さて、文中に出てきた「キツネとぶどう」というお話し。イソップですか?グリム童話ですか?という質問をちょいちょい頂くので、国会図書館で調べて来ました。どちらでもなく、作者不明。作者不明なお話しばかりがまとまっている絵本に掲載されていましたが、実はその後に、黒磯のとある喫茶店に置いてあった違う絵本の中に、やはりこの話が載っていて、聞いたこともない作者だったので、後ろをめくってみると、作者不明のお話しをまとめましたというコメントが、、。リチャードスキャリーの隣に鎮座していたのをパートナーが見つけてきてくれて、よく気がつくよね、と感心しきり。で、どんなお話しかと言うと、、、
 たわわに実った葡萄の木の下で、一匹のキツネくんが葡萄を食べたいのに、手が?足が?届かない!
くやしぃ〜(>_<) と、キツネくん、葡萄に向かって「どうせ酸っぱいんだろ!」と捨て台詞を吐いて立ち去った、というお話しです。
 それを逆手に取って、自分の造ったワインのエチケットにしてしまうなんて、ベッカーさん素敵すぎる! 葉巻をくわえた横顔が、超が10個つく位、渋いおじさまなのです。

定価 3,300円(税込3,630円)
販売価格 3,300円(税込3,630円)
在庫数 0
SOLD OUT

CATEGORY

国から選ぶ

GROUP